ブログ

HOME» ブログ »~足場板~

ブログ

~足場板~

 おはようございます。

 本日は、足場板のお話です。
弊社では、鳶工事で使用する国産杉足場板を販売しております。



 関東以北の建設現場では、足場板と言えばスチール製や合板製が代表的であり、あまり馴染みがないかもしれませんが、西日本では主力商品として大活躍している仮設資材です。

 きっと関西人の気質に合っているのでしょう。

 国産杉足場板は、乾燥するととても軽くしなるようになりますので、高速道路や新幹線の高架工事などの高所作業を伴う現場では、大型レッカーにて足場板を吊り上げる際、一度に吊り上げれる枚数が多くなり職人さんの作業効率がとても良くなるのです。

 また、現場で酷使されて傷ついた足場板であっても、その部分を丸鋸で簡単に切り落として、また使用できる点が好まれるのでしょう。

 また、何と言ってもお値段が安い事ですね。

 同じく木材から作られた合板製の足場板と比べても価格は4分の1程度であり、根っからの商売人気質の関西人には少しでも安価であるという事は、持ってこいなのかもしれません。

 そして、杉足場板の生産地である中国山陰地方や九州地方からの物流の往来が盛んである事も挙げられます。

 サイズは 35㎜ x 200㎜ です。

 幅210㎜サイズや240㎜サイズをご使用になられる一部地域もありますが、大半は200㎜サイズになります。

 弊社にて在庫しているものも200㎜サイズになります。

 長さは4m、3m、2mがあり、需要量に応じてそれぞれの在庫量は下記数量を目安に保有しております。


 4m … 6,000枚

 3m … 2,000枚

 2m … 5,000枚



 一段ずつ桟を入れた状態で少しでも早く乾燥する状態で保管しております。

 本実加工を施して床板にしたり破風板としてご使用頂く事もありますので、波釘が入っていない足場板も500枚程度は在庫しております。

 同じ幅200㎜サイズの国産杉板として、厚み25㎜、30㎜のものも多数在庫しております。
こちらは主に敷板や矢板(土止め板)としてお使い頂いております。

 即日出荷できる国産杉足場板の現物在庫を持っている木材問屋は全国を見てもほぼありません。

 特に3m、2m商品はメーカーでも通常生産・在庫をしておらず、そんな商品を常時在庫している弊社に驚かれる方が非常に多くいらっしゃいます。

 全ての足場資材は弊社橿原センターからの出荷となります。

 弊社としましては、今後全国各地で災害が起きた際にも、その突発的需要にも対応するべく、養生用合板や木杭とともに備蓄数量を増やしておりますのでご安心下さい。

 



  2020/01/16