ブログ

HOME» ブログ »~足場板~

ブログ

~足場板~


 皆さん、こんにちは。

 いよいよ4月に入り、気分も新たに頑張っていこうと意気込んでいる山口です。

 さて、今回は足場板に関するお話をしたいと思います。

 ㈱山口裕康商店では、主力取扱い商品として新品の杉足場板があります。
新品の杉足場板の卸販売を関西地方を中心として全国に向けて行っています。

 主な販売先としては、弊社と同じく仮設資材を販売されている商社や、軽仮設資材のリース会社さんや、鳶工事をおこなう建設会社さん等が挙げられます。

 弊社では、年間おおよそ6万枚という数量の杉足場板を販売させて頂いております。
ここ10年を振り返ると、なんと60万枚以上の販売をさせて頂いている事になります。

 販売数量だけを見ればもっとたくさんの販売をされている会社さんもあるかと思いますが、弊社の自慢はクレームが極めて少ない事であると自負しております。

 なぜか?

 杉足場板は他の仮設資材とは違い、職人さんが実際にその上に乗り高所作業をするという重要な役割を担っているからです。
 
 万が一にも、杉足場板が折れて重大な事故にならないようにする為、取り扱う足場板メーカーにも、定期的に現状報告並びに指導を徹底しています。

 その為、弊社が納品する杉足場板は、重大事故につながるような大きな節や割れ、腐り等をしっかりと吟味したものを出荷しているという事になります。

 弊社が杉足場板を販売するに当たり心がけている事は、必要な時に必要な数量をジャストインタイムでご提供させて頂く事と、現場で活躍される職人さん達が安全に安心して乗れる杉足場板を出荷する事です。 

 値段ありきで、どこで誰がどんな風に作っているのかもわからず、不安を覚えていらっしゃる方も非常に多い昨今ですが、㈱山口裕康商店は70年に渡る木材商としての実績として、安心というブランドを皆さんにお届けして参りたいと思います。

 何より弊社は問屋業として卸売を生業としているからです。

 実際には足場板を自社では在庫せず、メーカーから送り先へ直送させ、伝票の操作だけを行っている事業者さんも多いですが、弊社は自社倉庫にて在庫する事で毎回出荷時の検品を重視しております。

 在庫数量の目安としては、4メートルのものが約6,000枚(168㎥)、2メートルのものが約3,000枚(42㎥)ぐらいです。

 弊社が安心してお使い頂きたいという想いを込めて販売する新品の杉足場板ですから、品質を重視するのはもちろんの事であると考えています。

 また、杉足場板を在庫し養生させる事で、木材の内部に含む水分もある程度蒸発し、乾燥した作業効率が良くなる軽い杉足場板に仕上がっているので、お客様からもご好評を頂いております。

 弊社が取り扱う杉足場板を使ってみたいというお客様がいらっしゃれば、全国どこからでもお問い合わせください。
販売実績としましては、近年関東東北地方への配送が増加しており、配送方法も充実させておりますし、 北は北海道から南は沖縄の建設現場まで納品させて頂いた経験もありますのでご安心下さい。

 杉足場板のご相談を心よりお待ちしております。


 
  2016/04/04