会社情報

HOME» 会社情報 »山口裕康商店の歴史

会社情報

山口裕康商店の歴史


 

株式会社山口裕康商店は昭和22年。
奈良県桜井市で杉・桧の製材から始まりました
創業以来、我々は木材商として、
本業一筋に真面目に取り組んでまいりました。
しかし時代は刻々と変化し、それに応じてお客様のニーズも
多様化しております。ただ、いつの月日も変わらぬ事、それは
木を愛し、お客様を愛し続ける事です。
お客様のご要望に応え、支持を頂き今日まできました。
文明の進んだ現在だからこそ忘れがちな
あたりまえの事をあたりまえにする」を
実践してきたからだと思います。これからも時代に沿う形で
弊社が変わらずあり続けられるように、対応していきたいと思います。
そして、限りある資源である木材を通じ、
社会へ驚きと感動を与える限りない可能性を追求し、
社員一丸となって頑張っていきたいと思います。
 
歴史
 
昭和22年 ・山口裕康が現所在地にて個人創業
(吉野産を中心とした杉・桧の製材業)
昭和25年 ・奈良県内の地場ゼネコンへ足場丸太・足場板
桟木・杭の納材を開始
昭和30年 ・全国展開する大手・準大手と言われるゼネコン数社の
指定納材業者となり、関西一円の土木建築現場へ仮設
資材の納材を開始
昭和30年代 ・杉・桧の製材と並行して、ニュージー松の製材を開始
昭和40年代 ・新たにソ連材の製材を開始
昭和50年代 ・新築木造住宅着工戸数の底上げによる注文量の
増加に伴い、建築用材の生産を強化
(米松・ソ連材・ニュージー松の製材が主になる)
桜井市大泉に原木貯木場を開設
昭和61年 ・桜井安倍木材団地に新たに原木貯木場を開設
・桜井市上之庄に得意先工務店へ提供する
刻み場施設を開設
平和3年  ・代表者に山口勝靖が就任
平和6年  ・株式会社山口裕康商店を設立(資本金1,000万円)
平和15年  ・製材部門を閉鎖
・製材工場を商品倉庫へ用途変更
平和18年 ・山口忠弘が大阪平林の大紀工業株式会社で
木材製品販売の経験を重ね、専務取締役として入社
平和22年  ・代表取締役に山口忠弘が就任
平成23年 ・新たに古材事業を開始
 
2015/05/13